一次面接で質問する内容

一次面接で質問する内容

一次面接が終わる前に「何か質問はありますか?」と企業に聞かれる事があります。特に何もないならいいのですが、先ほどのページでもお伝えした通り、採用背景を聞くなど、いろいろと質問してもよいでしょう。ただし、何でもかんでも質問をしてよいというものでもありません。ここでは過去10年間で管理人が企業から言われたことや経験をご紹介したいと思います。

一次面接の質問で多い質問例

採用背景を聞く

より企業の状況を把握しようとしてくれたということで好感をもつ企業が多かったです。

予定している入社日を聞く

採用された時の退職交渉を始めるタイミングを知りたいという理由ですが、企業も採用した場合はスムーズに入社して欲しいため企業から「いつから来れますか?」という質問をする場合もあります。ただし、さも採用されるという自信満々で聞くとイメージは悪くなります。聞き方には注意が必要です。

企業の事業について聞く

今後の展開についてや配属先の状況、製品(サービス)についての質問です。企業側としても、「うちの事をすごく考えている」という風に好印象に捉えられます。ただし、「次の海外戦略は?」「株式の上場予定はいつごろですか?」など、会社の内情を探るような質問や、まったく企業研究していないのに、うわべだけの質問になった場合は逆に印象を悪くします。

入社までに勉強しておくことを聞く

もし、入社できた場合、入社までに勉強(準備)しておくことを確認します。企業側もとても意欲的にみえ、好印象となります。

現在活躍している人がどんな人かを聞く

活躍している人がどんな人かを聞く事によって、あなた自身の意欲が伝わります。また、同年代の人がどういう人でどんな活躍をしているのかという質問も多いです。

一次面接の質問で企業に悪い印象を与える質問

残業について聞く

残業については聞く事は悪くありませんが、ストレートに「残業はどれくらいですか?」と聞くと企業は悪い印象を受けます。残業を聞くにしても「前職では●●時間程度の残業があったのですが、御社ではどれくらいですか?」と聞いた方がよいと思います。

細かく給与のことを聞く

こういう質問は、「仕事内容よりもお金に関心がある」ととらえます。どうしても確認したい場合は、内定後に確認しましょう。確認の仕方も具体的な金額を確認するのではなく、ほかの社員のモデルケースや昇給システムについて聞くのがベストです。

福利厚生面について細かく聞く

「有給はいつでも取れますか?」「福利厚生はどんなものですか?」という細かい質問は悪い印象を与えます。

事前に調べればわかる内容を聞く

HPや求人票に書いてあるような事を聞くのはNGです。「事前に調べてこなかったの?」という風に捉えられます。

おすすめの転職サイト・人材紹介会社

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。
※転職成功者の多くは、転職サイトと人材紹介会社の両方をうまく利用しています。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社 特徴
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。拠点数も多く、サポート体制も充実。きめ細かいサービスと幅広いグループ力が強みです。
doda anやテンプスタッフでおなじみの人材業界大手。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。関東、関西、中部などの都市圏に強みがあります。

※上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。