業界研究と企業研究の方法

まず業界研究と企業研究を行いましょう!

私は約10年間、人の転職にまつわる仕事を行ってきましたが、転職者が意外と苦労しているのが、志望動機を考えるということです。志望動機はその名のごとく「なぜこの企業を応募したのか」ということですが、正直なところ、「休みが多いから」「この仕事が自分に合っていると思うから」「給料が多そうだから」という単純な理由である事が少なくありません。しかし、その理由をそのまま企業に伝えても決して採用には至りません。実は志望動機を考える前に企業研究や業界研究が必要ということをお伝えしておきます。このページでは企業研究から志望動機を作るという手順でご紹介したいと思います。

なぜ、志望動機の前に業界研究や企業研究が必要なのか?

面接で一番重要な事は「企業があなたを採用したいと思う事」です。これは面接で答える全ての事につながりますが、とても重要なキーワードです。「とにかく受かりたい!」「絶対この企業に入社したい!」という強い意欲だけでは採用されません。あなたが企業の事を把握し「企業が採用したいと思わせる志望紡機」を言えるようになる為には十分な業界研究と企業研究(事前準備)を行う必要となるのです。

業界研究や企業研究の方法

業界研究」や「企業研究」というと難しく考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは【企業分析シート】を使って簡単に考えます。最近、インターネットや本などでも企業分析シートがいろいろとあるようですが、どれも細か過ぎて難しいため、管理人としてはこちらのシートをおすすめいたします。ダウンロードはこちら。

このシートが他と違う点は、単に企業の分析をするだけでなく、その企業の顧客・競合を分析する中で、その業界の中で企業がどのような位置にいてどこへ向かおうとしているのかまでを考えられますので、業界研究にもつながります。

(1)その企業について考えよう

まず、その企業について考えます。どんな商品(サービス)を製造(販売)しているのか?その商品の特徴は?会社としての規模は?などわかる範囲で、できるだけ書き込みましょう。企業のHPを見ながら書き込むとより企業への理解が深まります。

(2)その企業の顧客を分析しよう

その企業はどんなお客様をお持ちでしょうか?法人、個人?自分で想像して書き込みましょう。

(3)その企業の競合となる企業を分析しよう

その企業の競合を分析します。同じ業界での競合はどんな企業でしょうか?そして、その競合に対してどんな競合優位性がありますか?また偉業界での競合はどんな企業でしょうか?そして、将来競合となりそうな企業はどこでしょうか?具体的に企業名をあげて書き込みましょう。

(4)企業の特徴

今まで分析して来た中で、その企業は4つのうち、どれに当てはまるでしょうか?【コスト優位/価値優位/単価が高い/単価が低い】そして、今後、どちらの方向に移行していくものと考えられるでしょうか?

一番重要な事は自分で想像しながら行う事です。少々間違っていても、その企業の事を自分なりに考える事が重要です。

おすすめの転職サイト・人材紹介会社

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。
※転職成功者の多くは、転職サイトと人材紹介会社の両方をうまく利用しています。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社 特徴
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。拠点数も多く、サポート体制も充実。きめ細かいサービスと幅広いグループ力が強みです。
doda anやテンプスタッフでおなじみの人材業界大手。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。関東、関西、中部などの都市圏に強みがあります。

※上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。