二次面接・最終面接

二次面接・最終面接について

一次面接を通過すると二次面接があります。面接が3回ある場合、二次面接は面接官はあなたが入社したときに直属の上司となる可能性のある課長や部長クラスの人。面接が2回で終了の場合は、二次面接=最終面接となり面接官は役員や社長が行います。私の経験からして、中途採用では面接が2回というケースが多いように思います。このページでは二次面接・最終面接に対する心構えや対策をご紹介致します。

最終面接の質問例

退職理由を掘り下げるような質問があります

一次面接でも退職理由を質問されますが、二次面接では更に退職理由に突っ込んで掘り下げていく傾向があります。退職理由に不自然さは無いか、家庭や個人的に何かトラブルをかかえていないかを再度、確認するための質問ですので、前回とつじつまが合わないと不信感をもたれます。特に転職回数が多い方はそれだけで企業側からイメージがよくありません。2社以上の転職を繰り返している方は再度、転職理由の伝え方を考えた方がよいでしょう。

志望動機を再確認する質問があります

これも一次面接で質問されたと思いますが、再確認される傾向があります。企業側としては本当にこの会社で働きたいのかを確認し、また企業をよく理解した上で応募しているのか、入社後に過去の経験や実績がどのように役立つのかを確かめるために行う質問です。

過去の経験や社内での人間関係を深掘りされます

過去の経験や社内でどういう人間関係を築いてきたかをより具体的に掘り下げてくる可能性があります。例えば、「トラブルの際にどんな対応をしてきましたか?」「部下の扱いをどうしていましたか?」「チームの中でどんな存在でしたか」という内容の質問です。これに関しては、具体的なエピソードをお伝えすればよいと思いますが、だらだらと話をするのではなく、分かり易く簡潔に述べる事を意識してください。話し方や伝え方というポイントも選考に入っています。

入社して何をしたいのかを確認する質問があります

中途採用の場合、キャリアがある人は何かしらの経験、若い方は勢いや若さを求めています。キャリアがある方は入社してどういう事ができるのか、またはやりたいのかを明確にしておく必要があります。ここでは具体的にどういう行動をして、チームや会社にどんな影響を与える事ができるのかをしっかりと伝えましょう。若い方であれば自分の意気込みや勢い、どんなことにも対応できる柔軟性などを伝えればよいと思います。また、合わせて入社時期も確認される可能性もありますので、現職の方でもいつぐらいに入社できるのかを退職交渉を始める時期から逆算して答えておいた方が良いでしょう。

最後に質問させてもらう時間があります

これは一次面接でもありますが、二次面接・最終面接でも行う企業が多いです。一次面接は部門長クラスなので、ある程度社内の雰囲気など身近な質問もできましたが、二次面接や最終面接ではそういった質問は控えた方がよいでしょう。会社としてどういう方向に向かっているのかという事業展開に関する質問や、一代で築いたベンチャー企業の社長であれば、創業時の事を質問したりしてもよいでしょう。面接は最後の印象がとても大切です。途中でほぼ内定を出しそうな良い感じに進んでいても、最後に「年収はいくらもらえますか?」というたった一言の質問をして不採用になった方もいらっしゃいます。あなたが二次面接(最終面接)で売り込むのは 企業に対しての思いや貢献度です。あなたを採用することで会社が得られるメリットを明確に伝えましょう。

すべての選考において共通している事は自分がアピールしたいことをアピールするのではなく、企業が「ぜひ採用したい!」と思わせる事をアピールしましょう

おすすめの転職サイト・人材紹介会社

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。
※転職成功者の多くは、転職サイトと人材紹介会社の両方をうまく利用しています。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社 特徴
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。拠点数も多く、サポート体制も充実。きめ細かいサービスと幅広いグループ力が強みです。
doda anやテンプスタッフでおなじみの人材業界大手。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。関東、関西、中部などの都市圏に強みがあります。

※上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。