面接のお礼状・お礼メール

面接のお礼状・お礼メールについて

面接を受けて「この会社にぜひ入社したい」と思った方は企業に対してお礼状を書く事をおすすめします。私の過去の経験でも、面接後すぐにお礼メールないしお礼状を書いてきた応募者に対する企業の印象は良く、トントン拍子に面接が進んでいったことも少なくありません。ここでは面接後のお礼状についてご紹介します。

お礼状・お礼メールの書き方と出すタイミング

企業側からみて手紙でお礼状が届くと、とても丁寧な印象を受けますが、最近ではお礼メールを送る方も増えています。ただし、せっかく書いた手紙も届くのが遅くなったのでは意味がありません。お礼状を書く場合は、葉書でも封書でもどちらでもかまいませんが、面接後すぐに書いてポストに投函するとよいでしょう。またメールの場合は2種類あり、メールの文面に直接お礼内容を入れる場合と、ワードなどで別に作って添付する場合があります。過去色んな応募者をみてきましたが、ワードなどで別に作っている応募者は面接で聞いた企業の事業内容に触れたり、自分のPRを書いているケースが多かったです。また、2・3日後にお礼状が届くようなら、逆に送らない方がよいです。

お礼状・お礼メールの内容

最近は、インターネットやマニュアル本などでたくさんの例文が掲載されていますが、このサイトではあえて例文のご紹介はしません。私の経験上、そういうものに頼ったお礼状は企業側も慣れているのでそれほど響かないのが現状です。そのため、私は自分の言葉でお礼状を書くやり方をすすめています。よくある間違いは、株式会社を(株)と省略して書いてしてしまったり、担当者の役職を入れ忘れたり、拝啓、敬具を忘れていたりするケースです。そのような失礼がないようにインターネットやマニュアル本でマナーを学ぶのはよいかと思いますが、ありきたりなお礼状が届いても企業の面接官には何にも響きません。あなたが面接を受けてどう感じたか、しっかりあなたの言葉で伝えましょう。多少つたない文章になっても感謝の気持ちを込めて伝えれば必ず面接官に伝わります。具体的には、「面接の機会を与えられたことへの感謝」、「忙しい時間を割いてくれたことへのお礼」「業界の最新情報や業務内容など面接で確認したこと」「自分の強みをアピールする」「面接担当者の話を聞いて仕事への意欲が増した」などを盛り込みます。また、自分を印象付ける出来事があればそれも書いた方がよいでしょう。

おすすめの転職サイト・人材紹介会社

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。
※転職成功者の多くは、転職サイトと人材紹介会社の両方をうまく利用しています。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社 特徴
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。拠点数も多く、サポート体制も充実。きめ細かいサービスと幅広いグループ力が強みです。
doda anやテンプスタッフでおなじみの人材業界大手。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。関東、関西、中部などの都市圏に強みがあります。

※上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。