転職の志望動機 - 転職面接マスター

転職の志望動機

ある程度、志望する業界や企業のことが理解できたら、転職の志望動機をまとめます。

先ほど、実際に企業分析を進めていく中で、その企業についてあなたなりの今後の方向性が見えたはずです。あなたはこの企業のどういう点に惹かれましたか?「競合優位性、方向性、製品の特徴、サービスの特徴、業界」などたくさん分析した中から選んで、自分の経験に基づいて志望動機を考えます。以下に簡単な例をあげてみます。

転職における志望動機の例

例1:御社の製品の顧客(販売先)は、私が過去に営業で担当した業界でもあり、営業手法も似ている事から、私の経験を即戦力で御社で活かす事ができると思ったからです。

例2:国内は業界の中でも●●という圧倒的な競合優位性をお持ちで、今後は、より一層の海外展開をされるのではないかと思うのですが、御社の●●部門がグローバルに展開していく中で、私の●●の経験を活かせる事ができると思ったからです。

例3:御社の製品(サービス)は比較的高い年齢層をターゲットにしていると思いますが、私が前職で行った●●では、同じような高い年齢層の方々と接する機会が多くあり、その経験を活かす事ができると思ったからです。

上記の志望動機の例はとても簡単にまとめただけですが、転職の志望動機には必ず「私の●●な経験が活かせる」という言葉が必要です。転職では入社したいという思いだけでは採用されません。「企業側が採用したい」と思わせるために、ただ単純に「入りたい」という気持ちを伝えるのではなく、具体的にどんな経験を活かせるのかということを志望動機でアピールします。企業分析を行うのは企業理解を深め、志望動機を考えるために必要です。

なお、自分の経験がうまくまとまらないという方は、自分の経験を紙に書き出してみましょう。前職ではどんな製品(サービス)をどんな世代向けにどのように販売していましたか?そして、その経験の中で大変だったことや、得意だったことはなんでしょうか?これは、次で説明する自己PRにもつながりますので、できるだけ思い出し、詳しく書き出してみましょう。

おすすめの転職サイト・人材紹介会社

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。
※転職成功者の多くは、転職サイトと人材紹介会社の両方をうまく利用しています。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社 特徴
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。拠点数も多く、サポート体制も充実。きめ細かいサービスと幅広いグループ力が強みです。
doda anやテンプスタッフでおなじみの人材業界大手。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。関東、関西、中部などの都市圏に強みがあります。

※上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。