筆記試験・適性検査 - 転職面接マスター

筆記試験と適性検査について

ここでは企業が中途採用の中で行う筆記試験および適性検査についてご紹介します。もともと新卒採用で筆記試験や適性検査を行うのが一般的で、中途採用においてはあまり頻繁ではなかったのですが、最近では、中途採用の選考の中に筆記試験や適性検査を行う企業が増えています。面接ではなかなか分からない性格や一般常識などについて調べるためです。

筆記試験や適性検査の種類について

一般常識試験

出題される分野は広いものの,難易度はそれほど高くはない試験です。職種などにより出題範囲は変わってきますが,社会・国語・英語・数学・理科・文化・時事に関する問題から出題される傾向が多いです。社会常識の一般的な理解度や,中には売上・粗利益などを計算させ、論理的な思考能力などを判断するのを目的としています。

SPI試験

SPIには様々な種類がありますが、一般的には「能力検査」と「性格適性検査」の2種類の検査があります。また、「能力検査」は更に「言語分野」と「非言語分野」に分けることができ、非言語分野は,実務処理能力をはかるため、データ処理や在庫管理など企業での業務に必要となるような試験内容です。過去の出題傾向としては, 計算問題、 論理的に考え判断する問題、 図表や資料を読み取る問題が出題されています。言語分野では,コミュニケーション時に必要となる「意思伝達能力」や「文書作成能力」を検査しています。出題傾向としては, 語句に関する問題と、長文読解に関する問題が出題されています。また、合わせて行う適性検査では行動的側面,意欲的側面,情緒的側面の3つの側面から測定されます。以前までは紙ベースが主流でしたが、最近はデータセンターで受験したり、ネット環境が整っていれば家で試験ができるようにもなっています。

SPI試験に対策は必要ありません

今、マニュアル本やインターネットでもSPI試験に対する対策をしているものがたくさんありますが、私が以前、SPIの問題を作っている某大手企業の営業担当と話をした時の事です。私が「SPIは勉強したら点数は変わるんですか?」という素朴な質問をしたら、「今、たくさん対策本などがでていますが、一生懸命勉強しても前よりも2、3点高く取れるだけで、何の意味もありません」という驚愕の言葉が返ってきました。その営業担当が言うには、そもそもSPIの学力試験とは受験者の「地頭」を調べるものなので、いくら勉強をしても点数は殆ど変わらないとのことでした。また、最近ではパソコン上で試験を受ける場合が殆どなので、一つの問題の解答結果や時間のかかり具合などによって次に出てくる問題がそれぞれ違うようです。要は受験者のレベルによって何万通りの中から次の問題が出てくるという訳です。「それでも、勉強はしたい」という方はされても良いかと思いますが、私はそれより、企業分析や自己分析をした方がよっぽど効果的なのかな、と思います。

おすすめの転職サイト・人材紹介会社

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。
※転職成功者の多くは、転職サイトと人材紹介会社の両方をうまく利用しています。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社 特徴
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。拠点数も多く、サポート体制も充実。きめ細かいサービスと幅広いグループ力が強みです。
doda anやテンプスタッフでおなじみの人材業界大手。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。関東、関西、中部などの都市圏に強みがあります。

※上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。