面接質問例 - 転職面接マスター

面接の質問例

ここでは、企業側の面接官が面接中に聞く質問について例文でまとめてみました。面接前にご覧頂き、少しでもご参考にしていただければと思います。お話する時は相手の目を見ながら端的にお話ししましょう。各質問に対し、文章を作成し覚えると忘れてしまったり、棒読みになってしまったりしてしまいますので、どんな事を話すかキーワードで覚えておくとよいでしょう。

(1)転職理由はなんですか?

企業側が一番聞きたい質問です。「上司に恵まれなくて」「拘束時間が長い」とネガティブな情報を言ってしまう方が意外と多いのが現状です。転職理由はポジティブでないといけない、という訳ではありませんが、誰もが納得のいく前向きな転職理由が必要です。

(2)志望動機はなんですか?

これは、「転職の志望動機」を参考にしてください。詳しく説明しています。

(3)あなたの今までの経歴および仕事内容を簡単に教えてください。

これは経験を含めた自己PRを聞く質問です。あなたが今までどんな経験をしてきたか、その中でアピールポイントは何なのかを話しましょう。話は長くならずに端的に伝えます。その中で複数の企業での経験がある方は簡単な転職理由も付け加えてお話しします。

(4)前職で一番苦労したことはなんですか?

これは、あなたが仕事をする上で、どんな取り組み方をしてきたかを見る質問です。苦労したことやトラブル時にどう対処してきたかを伝えるのがベストです。苦労はしたが、自分が工夫したおかげで成功したというエピソードを話し、アピールにつなげてください。

(5)あなたの長所、短所を教えてください。

新卒の面接でも中途の面接でもよく聞かれる質問です。どのマニュアル本でも「長所は短所の裏返し」という風に書いてありますが、気にする事なく自分の思う短所をまず伝え、その後に「でもこれが長所です」と最後は長所で終わらせましょう。面接官は今まで何人も面接をしているため、マニュアル本に書いてあるような答えでは何も響きません。自分らしい回答を考えてみてください。

(6)当社に入社したらどんな事ができますか?

採用した場合、企業にメリットがあるかどうかを確認する質問です。これは先ほど考えた転職の志望動機を使います。企業分析をした上で、自分の経験がどう活かせるのかをしっかりと伝えましょう。

(7)他に併願している企業はありますか?

最近の転職活動では複数の企業を受ける方が多いため、聞かれるようになりました。伝えた方が印象が良いか悪いかはその場の雰囲気を見て自分で判断してお話するのがベストですが、特に問題がなければ社名を伏せて受けている旨をお伝えしてもよいかと思います。

(8)給与や転勤など諸条件の確認

一次面接ではあまり質問されないかもしれませんが、希望する給与であったり、転勤が可能かという諸条件についての確認が入る場合があります。面接前にある程度のところは考えていく方がよいと思います。

上記はあくまで質問例として出しましたが、一番企業が知りたいのは、その企業で活かせる経験を過去どれだけしているか、という事です。中途採用は新卒採用と違い、即戦力を求められます。そのため、自分が過去経験した事をより具体的に伝えれるようにしておくのがベストです。

おすすめの転職サイト・人材紹介会社

今や転職活動で転職サイトや人材紹介会社を利用するのは当たり前の時代です。ここでは最低限利用した方が良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。
※転職成功者の多くは、転職サイトと人材紹介会社の両方をうまく利用しています。

転職サイト 特徴
はたらいく 地域密着型のサイト。都道府県別のページで地元の仕事を探せます。また、職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、「人柄」や「自分らしさ」で検索することも可能です。
工場求人ナビ 日本全国の工場系お仕事情報サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。未経験者OKの仕事もたくさんあります。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社 特徴
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。拠点数も多く、サポート体制も充実。きめ細かいサービスと幅広いグループ力が強みです。
doda anやテンプスタッフでおなじみの人材業界大手。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。関東、関西、中部などの都市圏に強みがあります。

※上記の紹介会社では、転職支援サービスへのお申し込み(無料)で、専任のキャリアコンサルタントがつき、転職の相談やアドバイス、また、自分の希望に合った非公開&公開の求人を紹介してくれます。